×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アラゴン州のムデハル様式建造物

  1986年登録 / 文化遺産

アラゴン州のムデハル様式は12〜15世紀に発展し、レンガとタイルの使用を特徴としている。 中でもテルエルのサン・マルティンとサンサルバドルの塔は有名だ。

このムデハル様式は、レコンキスタの後、主にイベリア半島でキリスト教徒の支配下にあった残留イスラム教徒(ムーア人)の様式がもとになっており、イスラムとキリスト教の二つの建築様式が融合した形であり、中世スペインの建築や装飾の様式である。

1986年の世界遺産登録時には、「テルエルのムデハル様式の建築物」としての登録であったが、2001年に他の建造物が追加登録され、スペイン・アラゴン州の10の建築物の登録となった。そのため、現在の名称に改名されている。