×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ポンペイ、エルコラーノおよびトッレ・アヌンツィアータの遺跡地域

  1997年登録 / 文化遺産

ヴェスヴィオ山の南東麓に位置する古代都市遺跡。紀元前600年ごろイタリア先住の山岳民族オスク人が建設。紀元前後は、裕福なローマ人たちの人気リゾート地となり、人口は約2万人に達した。

しかし活動を休止していたヴェスヴィオ火山が西暦79年8月24日に噴火。ポンペイの街に高熱の火山灰、岩石、噴石を降らせ、火山灰は4mの高さに積もり、一瞬のうちに神殿・劇場・浴場・商店・住居・住人を埋めつくした。
現在の調査ではわずか19時間でポンペイの町は灰の下に沈んだとされる。

1748年に農家の主人が畑を耕やしていた際に遺跡の一部を偶然に発見。つまり、街は1700年もの間、灰の中に埋没していたことになる。
発見されて間もなく発掘は始まったが、組織的な発掘がおこなわれたのが19世紀に入ってからで、現在までに約8割程が終わっている。しかし、風化から遺跡を守るために残りはあえて発掘していない。

ポンペイの観光名所・見所としては公共広場であるフォロやアポロの神殿、裁判や商取引が行われていたバジリカ、ワインの壺やカウンターが残されているバー、現在の石釜とほぼ同じ石釜が残されているパン屋、サウナまで備え付けられた浴場、ルパナーレと呼ばれる売春宿など様々。

また、VILLA DEI MISTERI(秘儀荘)で見ることが出来る赤のフレスコ画は必見。驚くほど保存状態がよく、世界の古代遺跡の中でも特に重要とされる古代都市遺跡である。