×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

クスコ市街

  1983年登録 / 文化遺産

クスコは海抜3415mのアンデス山脈ウアンタネイ川渓谷にある。
かつてインカ帝国の首都であり、太陽の神殿、都市城壁、回廊、アーチなどの遺跡が多い。

スペイン支配時代の建築物には、17世紀初めに建てられたルネサンス様式の大聖堂、スペインの征服者ピサロの宮殿だった提督邸などがある。
スペインの征服者は、先住民の機能的な都市計画や碁盤目状の街路に驚き、その多くを新しい町づくりに取り入れたものの、政治や宗教に関連する神殿、宮殿などはほぼ完全に破壊した。
その後、1950年の大地震で都市の多くを失うが、史跡は復元された。

© Microsoft ® Encarta ® Reference Library 2005. © 1993-2004 Microsoft Corporation. All rights reserved.

ペルーの世界遺産
写真一覧